Catalive《カタリベ》とは?

 

Catalive《カタリベ》は、火曜日の朝に1時間活動している、「アイデア共有型の社会人サークル」です。2017年4月に発足し、現在メンバーを募集しています!

「カタリベ」の由来は、「触媒=Catalist」「ライブ=Live」「語り」を合わせた造語で、活動内容はテーマに基づく自身の経験や思想を発表しあう場となっています。

TEDのような大型カンファレンスでは、実績を残した著名人のスピーチを一般人が聞く場となりますが、カタリベでは「誰しもが持つ経験という名の財産の共有」をコンセプトに、皆さまがアイデアや経験を発表することが出来る空間を目指しています。

また通常の朝活では、不特定のメンバーがカフェ等に集まり行われるのに対して、カタリベは互いに見知った固定メンバーが貸し切りのアトリエに集うため、信頼できる仲間と深い議論を交わすことが可能です。

現在、第2期メンバーを募集しています。週1回、あなたも私たちに参加しませんか?体験希望者につき募集中!

 

 

タリベの特徴

  • 尊重し合える仲間との出会い

カタリベには、コンセプトに賛同した仲間が集まっています。見知ったメンバー同士が意見を交わすことで、そこには上下関係もなければ年齢や役割にもよらない、常に教え教えられる雰囲気があります。一般的な朝活にあるような一回きりの付き合いではなく、毎週顔を合わせることで、より親密な仲となっていくことでしょう!

  • 多面的に人生や働き方を見つめ直す機会

カタリベは、単なるキャリアアップセミナーではありません。参加者が能動的に自分自身と向き合い発信し合うことで、仲間の価値観も共有していきながら、働く意義や生き方に至るまで、根源的な議論を交わすことが出来ます。例え正解がなくても、自身に真摯に向き合うことで新たな発見と気づきが生まれます。

  • 安心して参加できる雰囲気

カタリベはカフェのような場所ではなく、アトリエを貸し切って行われます。リラックスの出来る音楽をBGMに、オープンマインドな仲間にも囲まれコーヒーを飲みながら、きっと1時間があっという間に過ぎ去ることでしょう。落ち着いた雰囲気で行いますので、その分警戒することもなく、より深い議論を安心して仲間と交わすことが可能です。

  • 気軽に参加できる料金体系

カタリベは、半年に6,000円(コーヒーは無料サービス)のみの参加費となります。一か月あたり1,000円と、1日約250円で参加可能なため、お気軽に参加することが出来ます。また事前の予習等は不要で、テーマに沿って自分自身を振り返ることが一番の目的となりますため、継続しやすい形となっています。

 

動内容詳細

朝の7時から8時の1時間となります。

お集まりいただき、最初の10分程度で各自1分間、一週間の気づきを簡単にお話し頂きます(アイスブレーク:1 min. talk)。その後、月毎に定めたテーマに沿って決められたプレゼンターが自身の経験をもとにスピーチを行い、それを受けて皆でフリーディスカッションを行います(テーマトーク)。残り20分で、皆と共有したい各自自由なテーマでスピーチを行います(フリートーク)。テーマトークは1か月間同じなので、毎週スピーカーが変わることで、テーマに沿って深堀りしていくことが可能です。

なお、月一回、月初の回にはテーマに沿ったワークショップを行っています。最初に様々なワークショップを行いテーマへの理解を持ったうえで以降のスピーチを行うことで、より深い議論と振り返りを促します。

また、1か月~2か月に1度、カタリベメンバーで食事会も行っています。お酒を交わしながら、朝とは違った顔も見られ交流が深まっています。

 

 

ジョン

ご参加頂くメンバーは、カタリベを通じて働くということから人生そのものまで、深く見つめ直して頂くとともに、自分自身の経験を是非仲間である他のメンバーへと共有していって頂ければと思っています。

カタリベは今年度を目標に10~15名での運営を目指しており、またメンバーの「経験と言う名の財産」をより多くの人へ発信できる場を今後作っていきたいと考えております。

なお現在、中高生に対してカタリベの有志が自身の経験を発表するような場を検討しており、学生支援を行う外部のNPO団体様と共同で検討、企画しております。今後、こういった機会を継続的に作っていきたいと考えています。

 

 

加詳細

  • 場所

東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
Creative Hub 131  3階 “Shine Shokudo Laboratory
アクセス:「小伝馬町」駅から徒歩3分、都営新宿線「馬喰横山」、「馬喰町」駅から徒歩4分、「東日本橋」駅から徒歩5分

 

  • 時間

毎週火曜日、7:05~8:00(集合7時)開催

  •  参加費

月会費:半期6,000円(月当たり1,000円)* 4~9月が前期、10~3月が後期となります。途中参加の場合には、月割で換算してお支払い頂きます

入会金:6,000円⇒第2募集期間は体験者につき無料としております

体験:無料

 

ンバー

主催及びファシリテーターはCommunity Dimension, LLC(CoD)の代表である田中が担当しております。CoDがCataliveの運営主体とはなりますが、Cataliveは事業としてよりも、サークルに近い形で引き続き運営を行ってまいります。

 

  • 主催者運営会社CoDでは、同世代の若者が自己実現を達成しうる社会を目指し、地方創生等の取り組みを行っている新設のベンチャー企業です。Cataliveを通じて若い同世代のもつ価値観や理想をお聞かせ頂くことで、本業にも活かしていきたいと考えています。

 

ほか、現在は若い世代(20代半ば~30代前半)のメンバーが参加しております。メンバーによる各会の簡単な様子をブログで公開することに致しました(不定期)。気になる方は是非ご覧ください!

 

 

験参加申し込み

エントリー後、自動返信メールが受信されていることを必ず確認してください(エントリーを受け付けたことに対するお問い合わせは承っておりません)。

なお、体験日については基本的に月初にあたる火曜日をご推奨しております(ワークショップを行っているため、自己紹介含めて参加しやすいことからお勧めしています)が、その他の火曜日についても受け付けております。

(必須)

(必須)

(* 現在、火曜日のみの募集となります)

利用規約及びプライバシーポリシーご確認の上、上記内容で送信してもよろしければチェックを付けてください。

 

 

 

FAQ

《参加について》

どんな方を対象としていますか?
自分の意見を発表したい!という方から、話すことが苦手で克服したい!という方まで、広く募集しております。また能力やご職業、年齢等の制限はございませんが、話し手にしっかりと耳を傾けること、そしてご自身も語り経験を皆さまへシェアすることをお願いしております。なお、基本的に社会人のご参加を想定しておりますが、これから働く学生さんもご参加可能です。
仕事の都合上、早退しなければなりませんが大丈夫ですか?
はい、始業の時間や場所に鑑み柔軟にご参加頂ければと思います。
毎回の出席は必須でしょうか?また欠席分の参加費払い戻しはありますか?
プレゼンターに貴重なお話を頂くこともあり、可能な限り毎回のご出席はお願いしておりますが、お仕事や体調を優先頂く分には問題ございません。ただしご欠席の場合でも、出欠に関わらず場を提供させて頂いておりますことから、払い戻しは受け付けておりません。遅刻も同様となりますので、時間には余裕を持ってお越しください。

1回だけの参加や体験・見学は可能ですか?
体験参加者の募集を開始しました。体験頂き、是非雰囲気を感じ取ってください!なお、体験頂いた方は入会金無料のキャンペーンを行っておりますので、是非積極的に体験をご活用下さい。

《料金について》

ドリンクは別料金ですか?参加費以外にはかかりますか?
ドリンクはサービスとなりますので料金は頂いておりません(ごく普通のコーヒーですので期待はしないでくださいね)。また参加費以外は一切頂戴致しません。会場への交通費のみ各自ご負担ください。
お支払い方法につき教えてください。
4月と10月にそれぞれ、半期の会費をお支払いいただきます。また、今後は銀行の自動引き落とし等も検討してまいります。
なぜ1回あたり250円と格安なのですか?
弊社は、本企画を通じて多くの方と出会い経験を交流し合うことを目的にサービスを展開しております。今後、Cataliveを様々な事業モデルとして展開することは考えられますが、そのベースとなります本サービス自体の収益性は求めておらず、活動を継続して行うことを目的に場所代としてのみ頂戴しております。

《当日について》

集合は何時ですか?
メールでも別途ご案内差し上げますが、初回は6:55~7:00頃にお集まり頂ければと考えております。
必要な持ち物や、気を付けることはありますか?
特にございません。ただし初回は受付時に本人様とのご確認も含めまして名刺を頂戴することがございますため予めご了承頂ければと存じます。
なお、冬場は部屋が冷え込む可能性がございますため、温かい恰好でお越しください。
寝坊してしまいました
次回のご参加をお待ちしております。時間に余裕があればお越し頂けない旨、メール等頂けますと幸いです。

《運営について》

運営主体につき教えてください。
Community Dimension, LLC代表の田中が主催・運営を行っております。
取材は受けつけていますか?
上記お問い合わせフォームからご連絡ください。