What’s Catalive?

 

Catalive《かたりべ》は、火曜日の朝に活動を行う、新しいスタイルの社会人サークルです。「触媒=Catalist」、「ライブ=Live」、そして「語り部」を意味しており、活動内容としてはテーマに基づく自身の経験や思想を発表しあう場となっています。

毎週火曜日、7時から1時間。出社前の時間を使って、経験に基づくアイデアを発表しあい、テーマの深堀りを全員で行います。テーマは日によって異なります。時には働くということに向き合い、時には自分の行動の癖を振り返ったり。

2017年2月より、当初は2カ月限定のイベントで始まったCataliveですが、継続して続けていきたいとの考えから、サークルとして生まれ変わりました。「誰しもが持つ、”リアルな経験”という財産を共有しあいたい」との理念をもとに、今後も継続していきたいと思います。

自身と改めて向き合う機会にもなるだけでなく、仲間が発表するストーリーをシェアすることで、貴重な経験が蓄積されていくでしょう。週1回、あなたも私たちに参加しませんか?体験希望者、入会希望者募集中!

Idea(Cataliveの理念、考え)

Why Story?  

失敗談、成功談、笑い話から苦労話まで。貴方のその全てが財産です

人の経験は1通りでも、その解釈の仕方には無限の可能性があります。ポジティブにもネガティブにも捉えることが出来ますし、そこから得られる教訓もまた人それぞれです。また、中には貴重な体験さえも忘却の彼方へ沈んでしまっていることもあります。改めて経験を掘り起こし、人前で発表することを意識することで、自身が持つ経験という財産と見つめなおし、そして仲間へと還元していくことが目的です。

 

Why Speech?

誰しもがストーリーを発表する権利を持つべきだと考えます

私たちは、自分の考えや価値観、思想をきちんと聞いてもらう機会が限定されています。Cataliveでは5分~の時間を設け、アイデアを「発表する」という時間を作ることで、誰にも邪魔をされずに語ることが可能です。現在、TEDなどのスピーチの場においては、功績のある方しか壇上にいませんが、私たちは「誰しもが」語る権利を持つべきだと考えています。

 

Why Morning?

忙しい社会人でも集まれる、朝というゴールデンタイム

どうしても夜や土日だと仕事やプライベートな予定によって足が遠ざかりがちになります。毎週集まり語ることで、自身を表現するということを習慣化することが可能です。また朝という時間は脳のゴールデンタイムとも呼ばれ、クリエイティブな活動に取り組むには最適だと言われています。この時間帯に自身の経験をアウトプットするとともに、仲間との交流を介して刺激を受けることで効果的なパフォーマンスが得られます。多忙な中でアウトプットの機会が中々ない若者にこそ、朝という限られた時間を使ったCataliveでの有意義な活動をお勧めします。

 

 

Message

誰しもが持つ、経験や実話こそ共有すべき貴重な財産ではないか、そういった考えからCataliveはスタートしました。弁論大会やTEDとは異なり、ここで語られるのはあくまでも「あなた自身」のストーリーとなります。そこに実績や功績は必要としません、むしろ語られるのが「生の体験」であればあるほど共感が生まれます。

そしてスピーチが終わればフリーディスカッションが行われます。「私なら~と感じてしまったかもしれない」のように、 一つのストーリーに対しても、感じ方や考え方は人それぞれです。お互いの感性が交差することで、より深い理解と気づきが促進されることでしょう。

スピーカーは真剣に話すからこそ「気づき」となり、オーディエンスは真剣に共感するからこそ「学び」となる。このような新しい体験の場を通じて、あなたのストーリーと出会えることを楽しみにしております。

 

 

Course

  • 火曜日コース(新規メンバー募集中!)
  • 他の曜日のコースは、火曜日が定員になり次第検討予定

朝は7時に集合頂き、冒頭はアイスブレークとして1週間の間に起きた”1 Minute Talk”「気づき発見、感動したこと、嬉しかったこと」等を全員に1人1分でお話し頂きます。その後、本編として、テーマ(事前にご案内)に沿って数名(3~4名程度)が抽選で選ばれ順にプレゼンテーションを行います。各プレゼンテーションが終わった後には、全員でのフリーディスカッションを行い、8時に終了します。

 

Place

東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
Creative Hub 131  3階 “Shine Shokudo Laboratory

東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅から徒歩3分
都営新宿線「馬喰横山」駅から徒歩4分
JR総武快速線「馬喰町」駅から徒歩4分
都営浅草線「東日本橋」駅から徒歩5分

 

 

 

 

Price

毎週お集まり頂く場所代としまして、下記を頂戴しております。

・料金:半期 6,000円(税込)
(月あたり1,000円、月4回実施の場合は1回あたり250円となります)

・入会金:6,000円 ⇒ 体験頂いた方は入会金無料!
(* 上記割引制度は告知なく終了する可能性がございます)

・体験:1,000円 ⇒ 無料体験実施中!
(* 上記割引制度は告知なく終了する可能性がございます)

その他ご不明点は、どうぞお気軽にお問合わせください。

 

Member

主催及びファシリテーターはCommunity Dimension, LLC(CoD)の代表である田中が担当しております。CoDがCataliveの運営主体とはなりますが、Cataliveは事業としてよりも、サークルに近い形で引き続き運営を行ってまいります。

  • 主催者運営会社CoDでは、同世代の若者が自己実現を達成しうる社会を目指し、地方創生等の取り組みを行っている新設のベンチャー企業です。Cataliveを通じて若い同世代のもつ価値観や理想をお聞かせ頂くことで、本業にも活かしていきたいと考えています。

 

ほか、現在は若い世代(20代半ば~30代前半)のメンバーが参加しております。基本的には社会人であることを想定しておりますが、学生の皆様においても、ご興味がございましたらご連絡いただければと思います。

また、メンバーによる各会の簡単な様子をブログで公開することに致しました(不定期)。当日の様子等もお分かりになるかと思いますので、気になる方は是非ご覧ください!

《Cataliveの様子》

Entry

エントリー後、自動返信メールが受信されていることを必ず確認してください(エントリーを受け付けたことに対するお問い合わせは承っておりません)。

(必須)

(必須)

(* 現在、火曜日のみの募集となります)

利用規約及びプライバシーポリシーご確認の上、上記内容で送信してもよろしければチェックを付けてください。

 

 

 

 

FAQ

《参加について》

どんな方を対象としていますか?
自分の意見を発表したい!という方から、話すことが苦手で克服したい!という方まで、広く募集しております。また能力やご職業、年齢等の制限はございませんが、話し手にしっかりと耳を傾けること、そしてご自身も語り経験を皆さまへシェアすることをお願いしております。なお、基本的に社会人のご参加を想定しておりますが、これから働く学生さんもご参加可能です。
仕事の都合上、早退しなければなりませんが大丈夫ですか?
はい、始業の時間や場所に鑑み柔軟にご参加頂ければと思います。
毎回の出席は必須でしょうか?また欠席分の参加費払い戻しはありますか?
プレゼンターに貴重なお話を頂くこともあり、可能な限り毎回のご出席はお願いしておりますが、お仕事や体調を優先頂く分には問題ございません。ただしご欠席の場合でも、出欠に関わらず場を提供させて頂いておりますことから、払い戻しは受け付けておりません。遅刻も同様となりますので、時間には余裕を持ってお越しください。

1回だけの参加や体験・見学は可能ですか?
体験参加者の募集を開始しました。体験頂き、是非雰囲気を感じ取ってください!なお、体験頂いた方は入会金無料のキャンペーンを行っておりますので、是非積極的に体験をご活用下さい。

《料金について》

ドリンクは別料金ですか?参加費以外にはかかりますか?
ドリンクはサービスとなりますので料金は頂いておりません(ごく普通のコーヒーですので期待はしないでくださいね)。また参加費以外は一切頂戴致しません。会場への交通費のみ各自ご負担ください。
お支払い方法につき教えてください。
4月と10月にそれぞれ、半期の会費をお支払いいただきます。また、今後は銀行の自動引き落とし等も検討してまいります。
なぜ1回あたり250円と格安なのですか?
弊社は、本企画を通じて多くの方と出会い経験を交流し合うことを目的にサービスを展開しております。今後、Cataliveを様々な事業モデルとして展開することは考えられますが、そのベースとなります本サービス自体の収益性は求めておらず、活動を継続して行うことを目的に場所代としてのみ頂戴しております。

《当日について》

集合は何時ですか?
メールでも別途ご案内差し上げますが、初回は6:55~7:00頃にお集まり頂ければと考えております。
必要な持ち物や、気を付けることはありますか?
特にございません。ただし初回は受付時に本人様とのご確認も含めまして名刺を頂戴することがございますため予めご了承頂ければと存じます。
なお、冬場は部屋が冷え込む可能性がございますため、温かい恰好でお越しください。
寝坊してしまいました
次回のご参加をお待ちしております。時間に余裕があればお越し頂けない旨、メール等頂けますと幸いです。

《運営について》

運営主体につき教えてください。
Community Dimension, LLC代表の田中が主催・運営を行っております。
取材は受けつけていますか?
下記にございます「その他お問い合わせ」にてご連絡ください。

 

 

の他お問い合わせ

* なお、ご参加希望の方は、下記からではなく、「エントリーフォーム」の方からご応募下さい。下記は、ご参加以外(ご質問、取材等)のコンタクトフォームとなります。

上記内容にて送信します。送信前にチェックを入れてください。